青い空への軌道

大分で出会えた『宮沢正史選手』との縁を大切にしています。

■羊と鋼の森 ■ 28 

 

羊と鋼の森

■羊と鋼の森 ■

■著 : 宮下奈都

ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

2016年の本屋大賞受賞作です。
調律師という職業に興味を持ちました。
その仕事や、ピアノの事も知らいないことが沢山ありました。

何より、
文章が美しいのです。
描いている情景が目に浮かぶようで、
読んでいて心地よいのです。

私はこの作品、好きです。

美しい、日本語を使えるよう日頃から気を付けようと思いました。

スポンサーサイト

category: 読書

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top