青い空への軌道

大分で出会えた『宮沢正史選手』との縁を大切にしています。

■火花■ 27 

 

hibana

■火花■ 

■著:又吉直樹


お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。



話題作の小説。

友人に借りて、やっと、読むことが出来ました。


読んでいても、

芸人である又吉さんのテレビでの発言とか様子などが浮かび、

芸人さん同士ってこんな感じ?

結局のところ何だったのかな?



・・・そんな感想。


でも、最後まですんなり読めたことは読めました。

又吉さんの独特の感性というものは感じました。


ただ、

また読みたいかと聞かれたら、

もういいかな。
スポンサーサイト

category: 読書

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top