青い空への軌道

大分で出会えた『宮沢正史選手』との縁を大切にしています。

■ヘヴン■ 18 

 

hevun

■ヘヴン ■

■著 : 川上 未映子

<わたしたちは仲間です>――十四歳のある日、同級生からの苛めに耐える<僕>は、差出人不明の手紙を受け取る。苛められる者同士が育んだ密やかで無垢な関係はしかし、奇妙に変容していく。葛藤の末に選んだ世界で、僕が見たものとは。善悪や強弱といった価値観の根源を問い、圧倒的な反響を得た著者の新境地。


内容が重すぎました。
もし、こういう風な「いじめ」を取り巻くものが今どきのものなら、怖い。当事者たちの心理も理解しがたいです。
読み終えて、すっきりしませんでした。
スポンサーサイト

category: 読書

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top