青い空への軌道

大分で出会えた『宮沢正史選手』との縁を大切にしています。

■世界から猫が消えたなら ■ 9 

 

猫が消えたなら

■世界から猫が消えたなら ■

■著:川村元気

2013年本屋大賞ノミネート作品。

僕は生きるために、
消すことを決めた。

今日もし突然、
チョコレートが消えたなら
電話が消えたなら
映画が消えたなら
時計が消えたなら
猫が消えたら
そして
僕が消えたなら

世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか
30歳郵便配達員。余命あとわずか。
陽気な悪魔が僕の周りにあるものと引き換えに1日の命を与える。
僕と猫と陽気な悪魔の摩訶不思議な7日間がはじまった―――

消してみることで、価値が生まれる。
失うことで、大切さが分かる。
感動的、人生哲学エンタテインメント。



この前、映画を見に行ったときに予告編で流れていて、
とても気になったので、原作を調べたらこの本でした。


すごく、

さらっと書いているようで、

ものすごく深い。

深すぎて、

考えなきゃいけないなと思う事、多々。

お薦めです。



映画予告編

    
スポンサーサイト

category: 読書

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top