青い空への軌道

大分で出会えた『宮沢正史選手』との縁を大切にしています。

いろいろありましたが、よいお年を。 

 

今日で2015年も終わり。

長いようで、あっという間の1年でした。

我が家では、

次男が横浜へ引っ越し、社会人1年目を迎えました。

長男も県内ですが、仕事の都合で一人暮らしを始めました。

三男は受験、来年からは希望の学校に通います。


そして、トリニータはJ3降格。

応援していてこんなに苦しくつらい日々はありませんでした。

それでも、応援するチームが存在することに感謝しています。


そして、

何よりもつらかったのは宮沢選手の引退。

もうこでれで、あの一目ぼれしたあの左足から繰り出されるキックを見れないのかと思うと、

本当に寂しいです。


でも、

これも宮沢選手が決めたこと。

長い間、頑張ってくれた事に感謝しています。



私も、

私なりに宮沢選手を応援できた事、幸せでした。

自分の出来る限りの応援は出来たと自負しています。

悔いはありません。


でも、

やっぱり寂しいです。

それが本音。




たくさん、いろんなことがありました。

激動の1年とでもいいますでしょうか。



最近、よく聞いています。

365日の紙飛行機
      

kamihikouki

時には雨も降って
涙も溢れるけど
思い通りにならない日は
明日頑張ろう



この歌聞いて、

明日も頑張ろうと思っています。


来年はどんな年にになるかわかりませんが、

皆さんが健康で過ごせますように。


それでは、よいお年を。

スポンサーサイト

category: 宮沢さん

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top