青い空への軌道

大分で出会えた『宮沢正史選手』との縁を大切にしています。

◆負けるもんか 正義のセ◆ 35 

 

makerumonka

◆まけるもんか 正義のセ

◆著 : 阿川 佐和子

勝どきの豆腐屋に生まれ育った竹村凛々子は、子どもの頃からの夢だった検事になった。六年目を迎え、筆頭検事として神戸地検尼崎支部に赴任。不慣れな土地で、個性豊かな事務官や刑事たちに支えられながら、仕事に邁進している。一方、プライベードでは、世をときめくイケメン俳優と知り合いになるも、思わせぶりな態度に翻弄されっぱなし。ある日、信頼する刑事に持ちかけられた、市立医大の女性職員の変死に大事件の匂いを感じ取った凛々子。熱心に捜査を続けたものの、上司は彼女の方針に疑問を呈し、ストップをかける―。読めば元気になれるお仕事小説。

正義のセ、シリーズ。

凛々子の奮闘ぶりが、元気にしてくれます。
恋する乙女ぶり可愛くて、好感が持てます。

あっという間に、読んじゃったという事は面白かったということですね。
スポンサーサイト

category: 読書

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top