青い空への軌道

大分で出会えた『宮沢正史選手』との縁を大切にしています。

■花の鎖■ 2 

 

花の鎖

■花の鎖■
■湊かなえ

両親を亡くし仕事も失った矢先に祖母がガンで入院した梨花。職場結婚したが子供ができず悩む美雪。水彩画の講師をしつつ和菓子屋でバイトする紗月。花の記憶が3人の女性を繋いだ時、見えてくる衝撃の事実。そして彼女たちの人生に影を落とす謎の男「K」の正体とは。驚きのラストが胸を打つ、感動の傑作ミステリ。


3人の女性の繋がりが最初はよくわからなかったのですが、
途中から気付いて、頭の中に人物相関図を浮かべながら読んでいました。
時系列の違う女性の話が並行して書かれているのでどう繋がるのか戸惑いましたが、最後にやっと納得。

最後まで読んだうえで、もう一度読み直すとその人間関係がより一層クリアになりすっきりしました。

2度読んで上手い!!って思える納得の1冊でした。

どうしても、「告白」のあの怖いイメージが強かったのですがこの作品は感動的で面白かったです。
スポンサーサイト

category: 読書

thread: 読んだ本。 - janre: 本・雑誌

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top