青い空への軌道

大分で出会えた『宮沢正史選手』との縁を大切にしています。

■空飛ぶタイヤ■ 31 

 

空飛ぶ

■空飛ぶタイヤ
■著:池井戸 潤


走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行者の母子を直撃した。ホープ自動車が出した「運送会社の整備不良」の結論に納得できない運送会社社長の赤松徳郎。真相を追及する赤松の前を塞ぐ大企業の論理。家族も周囲から孤立し、会社の経営も危機的状況下、絶望しかけた赤松に記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。



2日かけて読みました。

面白くて、次が読みたくて、

今朝は3時過ぎまで閉じそうになる瞼をこじ開け、

朝、昼、夕方と時間を惜しんでさっき読了。


半沢直樹のドラマのおかげで出会った著者の作品。

本当に面白かった。


これ、ドラマ化もされていたのですね。

知らなかった・・・。



最後まで決して あきらめない気持ち

戦う気持ちがひしひしと伝わってきました。



今必要なのは「戦う気持ち」だと思います。

トリニータ。
スポンサーサイト

category: 読書

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top